サントリーニ島のグルメ

サントリーニ島で自分が訪れたレストランをログとして残しがてら紹介。

レストランの共通点として、飲み物は除いて一人20~40€くらいの予算。
一人1皿か2皿頼めば十分な量なので複数人でシェアして食べるのが一番良いと思う。
どこも美味しかったので、店ごとの比較はしない。

Oia(イア)地区

THALAMI

ホテルのポーターに教えてもらったレストラン。そんなにコストが高くなく美味しいギリシャの伝統料理を食べるならここだよと教えてくれたところの一つ。崖の上にあるので、海側の席に座れば景色が良い。写真は残念ながら撮り忘れたので無し。他に紹介するお店と同じくらい美味しかった。

Skala

THALAMIの隣にあるレストラン。階段を少し降りたところにある。
このレストランの良い点は何と言ってもYellow donkeyとRed donkeyを飲めたこと。サントリーニ島で作られている地ビールなのだが、あまり量が出回ってないようでメニューにないレストランが多かった。

panorama_skala

Fino Cocktail Bar & Restaurant Santorini

ギリシャの伝統料理に飽きてきたので、何か他にないかとネットで検索して決めたところ。当時トリップアドバイザーでOia地区におけるランキング3位だった。1位がバス停付近のジェラート屋さん、2位がSouvlaki(スブラキ)屋?さんだったので、形式的なレストランとしては実質Oia地区で1位。どうやらモダンな料理を提供しているらしい。バス停からホテルに行く際に何度か前を通っていたのだが、裏道にあり景色が良いわけではないので、こんなところ人が来るのかと思っていたのだが、意外にも人気らしい。

夜7時くらいだっただろうか。予約せずレストランに行くと席は結構空いていたが、入り口の机2つ以外全て予約席だと言われた。幸いにもその2つの机が空いていたので座れた。その日出せないメニューとメニューに無いけど提供できるものを始めにウェイターさんが英語で説明してくれる。この日はまさかのtataki(たたき)があった。行くまで気がつかなかったが、日本料理をインスパイアされているものもいくつかあるらしい。とりあえずtenpura(エビのてんぷら)、tataki(たたき)、ロブスターのリゾット等を注文。「6人ならリゾットは2皿あった方がいいよ」などウェイターさんが注文数についてアドバイスしてくれたのでよかった。それでも日本人にとっては少し多いくらいかもしれない。

エビのてんぷらは素直に美味しい。日本人は絶対にかけないであろう蜂蜜がてんぷらにかけられていた。甘くて予想外に美味しかった。創作料理としてすごく楽しめる。
デザートのミルフィーユも6人で2皿注文したがボリューミー。

parararama_fino

 

Fira(フィラ)地区

Mama’s house

サントリーニ島に着いて初めてお昼に入ったギリシャ料理のレストラン。wifiのパスワードが柱に書いてあるので、お店の人に聞かなくてもよい。甘いソースがかかった蛸足一本が美味しい。

panorama

PARATHIRI

肉を串で刺したギリシャ料理、Souvlaki(スブラキ)を食べた。チキンとポークが選べたが、お店の人にオススメを尋ねたらチキンと返ってきたのでチキンにした。メニューにYellow donkeyがあったけど、在庫がないといわれて飲めなかった。蟹のフィットチーネは美味しい。蟹の殻を割るのに手が汚れるので大変だが2階のトイレで手を洗えるので問題ない。wifiのパスはお店の人に聞いたら教えてくれる。

panorama_parathiri

位置情報がGoogle mapで表示されなかったのでトリップアドバイザーのページを張っておく↓
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g482942-d2716017-Reviews-Parathiri-Fira_Santorini_Cyclades.html

 

Louyo Greek Frozen Yogurt

番外編。Firaにあるフローズンヨーグルト屋さん。崖の上のケーブルカー乗り場の通り沿いにある。トッピングを自由にして最後に重さで値段を決める。写真のもので6€強だった。この大きさだと2人で1つで十分。ベースをマンゴーヨーグルトにしたが、後々飽きてくるのでクラシックヨーグルトにすればよかったかもしれないと食べながら思った。でも日差しの強い中食べるのにはもってこい。冷たくて美味しい。

panorama1

tishibas on Githubtishibas on Instagramtishibas on Linkedintishibas on Twitter
tishibas
ソフトウェアエンジニア
1988年、富山生まれ
写真撮影が趣味
1児の父

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です